ムダ毛処理のアフターケアはこうしよう

pixta_16076638_S

ムダ毛処理の方法

女性の多くが行っているムダ毛の処理。
大きく分けると、自宅での自己処理・サロンやクリニックでの脱毛の2パターンになります。
自宅での処理方法として一番多いのが入浴中にカミソリを使用しての剃毛、次いで除毛クリームでの除毛や毛抜きでの抜毛、脱毛器や脱色という方法が一般的に知られるムダ毛の処理の仕方でしょうか。

サロンでの脱毛は脱毛前後に肌を保護するローションやジェルを使用してアフターケアまで行うのが通例ですが、自宅での処理後もきちんとアフターケアをされていますか?
アフターケアを怠ると大きな肌トラブルを引き起こす可能性がグッと高まります。

ムダ毛処理での肌へのダメージ

自宅でのムダ毛処理は、思っている以上に肌へのダメージがかかります。

カミソリを使用すると皮膚の表面の角質まで剃り落としてしまうため、乾燥の原因にもなりますし、湿疹や痒みを引き起こします。

毛抜きを使用すると抜ききれなかった毛が皮膚の中に残ってしまい埋没された毛と共に雑菌も入り込みデキモノが出来る事もあります。

除毛クリームには合う合わないがありますし、合わなかった場合は赤くただれてしまったり、ダメージだけ与えて除毛しきれずに残ってしまうという結果にもなりえます。

脱色の場合も、生えている毛の色を薄くするだけなので伸びればプリンのように2色の毛になり、新たに生えてくる毛は黒いまま。そしてダメージは必ず残ります。

家庭用の脱毛器は、一般的には所持している人の方が少なく、メンテナンスや専用のジェルなどで逆にコストがかかる事も。
ムダ毛の自己処理でダメージのない方法は無いと言っても過言ではありません。

ムダ毛処理後のアフターケア

処理をすると大小関わらず必然的に与えてしまう肌へのダメージを軽減するにはどうしたら良いでしょうか。

まず必要なのは、処理に対する知識です。
こういう処理の仕方にはこういうリスクがある、それをカバーするためにはこうすれば良い。という所までしっかり理解している事によってアフターケアの必要性もより身近に感じる事が出来ます。
そして、どんな処理方法でも必ずアフターケアとして、肌を保護・保湿し、乾燥を防ぎ、カラカラになった肌の深層までしっかりと水分を補給しましょう。

処理後の肌は剥き出しです。とても敏感になっており、刺激に弱くなります。
外からの刺激から肌を守るために、しっかりと低刺激で肌に優しく浸透力の高いローションなどを塗ることを心がけましょう。
脱毛サロン等の専門店での施術であればアフターケアもしっかり行ってくれますので、肌への負担を軽減させる方法としてはこちらもオススメです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ