光脱毛に日焼けはNGな理由

pixta_13520675_S

光脱毛の仕組み

エステでの施術方法として、光脱毛は幅広く利用されている脱毛方法になります。
専用の機械でムダ毛に可視光線よ呼ばれる光を照射するこの脱毛方法は、メラニン色素に反応するようになっているため、毛や毛根のように黒い物を除去することで脱毛効果を得ることが出来るのです。
光を照射された毛根部分からは数日後自然に抜け落ちるようになり、この方法を続けることでムダ毛がなくなるといった仕組みになっています。

紫外線を浴びた肌は弱っている

日焼けをした肌ということは、その肌は紫外線の影響を大きく受けた状態でもあります。
紫外線を浴びてダメージを負った肌には光脱毛に使用する光は刺激が強すぎるため、肌の炎症などの肌トラブルにもなり得ます。
更に、毛母細胞に働きを弱める可視光線は紫外線でダメージを負って弱っている肌細胞にもよくありません。

エステでの脱毛を行う場合、施術を行う前にはなるべく肌に刺激を与えないように心がけましょう。
日焼けの程度が軽い方は、2週間くらい間隔を空けることで肌細胞が回復しますので、施術も可能になるようです。

日焼けによる肌ダメージの程度によってスタッフの方が施術の日程を組んでくれたり、肌テストを行ってくれるサロンもあるようなので、日焼けをしている方は、まずエステのスタッフの方に相談してみましょう。

可視光線は『黒』に反応する

メラニン色素に働きかける可視光線は、黒色に反応するという特徴があります。
肌の日焼けとは、紫外線などによる外部からの刺激から肌を守るため、メラニン色素が反応した状態になります。
この時に発生するメラニン色素は、ムダ毛のメラニン色素は同じもののため、可視光線がムダ毛だけでなく肌の色素にも反応してしまうのです。
強力な光を浴びてしまうため、結果的に肌トラブルが起きてしまう場合あります。

また、日焼けと同様にホクロも可視光線の対象となってしまうため、ホクロのある部位は施術を行えないようです。

シミや火傷の原因になる場合も

脱毛前の日焼けはNGですが、脱毛後の日焼けも肌トラブルの原因になります。
毛穴の奥の毛母細胞にまで影響を与える可視光線は、元々肌にはとても強い刺激になります。
可視光線を浴びて弱まった肌には、太陽などの強い日差しに耐えられない場合があり、日差しを浴びた部位にシミができたり火傷を負うような状態になる可能性があります。

施術を受けて弱まった肌を守るために、日差しの強い時間帯の外出は避けたりUV加工がされた長袖などでガードするようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ