敏感肌におすすめのムダ毛処理方法

pixta_13987922_S

肌をケアしながら脱毛できる抑毛ローション

敏感肌の方はちょっとの刺激でも肌トラブルを起こしやすい肌質になります。
そのため、カミソリや毛抜きなどの自己処理はなるべく避けるようにした方が無難といえます。

カミソリは肌の炎症だけでなく乾燥肌を促進させてしまいますし、毛抜きは毛穴が赤く腫れてしまう場合がありますので、自己処理を行う時には抑毛ローションを使用することで、肌への刺激も少なくできますしスキンケアにもなりますのでおすすめです。

抑毛ローションを使い続けることで、段々と体毛が薄くなってきたり毛が生えるのを遅くするような効果が期待されていますが、抑毛ローションだけではすぐに脱毛効果を実感できないといった声もあり、抑毛ローションとカミソリなどの自己処理を併用する方が多いようです。

効果が表れるまでの期間は人それぞれですが、数か月ほど使い続けるとその実感が得られるということでした。

ちょっとしたひと工夫でカミソリ負けも防げる

敏感肌の方はカミソリの刃の刺激にも弱く、炎症が起きやすい肌質ですが、カミソリでの自己処理の時にちょっとした工夫をするとある程度炎症を抑えることも可能です。

まずは、処理をする前にまずお風呂に入って角質と毛を柔らかくして処理をしやすくします。
体を綺麗にすることで、処理した時にバイ菌が入るのを防ぐ効果もあります。処理の度にお風呂に入るのが面倒な場合、脱毛する部位に蒸しタオルを置くことでも同じような効果が得られるのでおすすめです。

カミソリで剃る時には、シェービングフォームをつけてなるべく肌に直接刃が触れないようにすることで刺激を避けることが可能です。
また、毛だけでなく肌を傷つけずに済みます。

処理を終えたら、忘れずにアフターケアを行いましょう。
化粧水・美容液・乳液をつけることで、肌の保湿になります。カミソリの刃で受けた刺激も、アフターケアをしっかりすれば肌トラブルを防げますよ。

■エステで脱毛してもらう

カミソリなどで自己処理を行う場合、肌トラブルが起きる可能性はゼロではありません。自己処理をして肌を傷つけるくらいなら「いっそのことエステに行って永久脱毛しよう」と思い立つ女性も多いようです。

自己処理とは違い、決してお手軽な方法とは言えませんが、面倒な自己処理から解放されたと満足の声もありますし、プロの方による脱毛ということで肌トラブルの心配も減少します。

医療クリニックでの脱毛であれば、万が一肌に炎症が起きた場合でもアフターサポートを行ってくれるので安心です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ